Hayami Family Emily リーちゃん (2000年10月28日生まれ)
父さん:Foret-Angel Gail
母さん:Miku Family House's Eve

 平成12年12月12日、初のロシアンブルーを迎える事が出来ました。本や雑誌でしかロシアンブルーは見たことが無かったので実際に初めて迎えに行った時は、うわ〜と言う感じで感動した。当時は私生活や職場において空白の逆境状態が続いていたのですが、リーちゃんの登場で気分も一転して、全てが前向きになれたのでした。 =^^=


 リーちゃんは珍しく社交的な性格で、店頭にお客さんが来られると真っ先に出迎えます。それで、「まぁかわいィ」なんて言われて頭を撫でてもらえるのが嬉しいらしく、名前を呼んでもちゃんと来る賢い子になりました。ただ、発情期を迎えてからは脱走を試みようとする毎日が続きます。対策としてはドアのレバーをノブ式に替えたり、網戸の縁をガムテープで留めたりもした。 (あの手この手のイタチごっこ・・・で疲れる)
避妊についての正確な知識を知らなかった当時、結局のところは1匹だから寂しいのかなぁと思うようになる。


Takara Mutsu スータ君 (2002年4月8日生まれ)
父さん:Black Panther Herry
母さん:Takara Suzu

 2002年7月21日、2匹目となるロシアンブルーを北海道より迎えました。初めは顔が宇宙人の様な細く特異な感じだったので、なんか変な子ーと思った。おまけに鳴き声はニャーではなくてウワンウワンとしゃべる・・・  でも、人なつこくて耳や髪の毛をペロペロしてくれるので、この子は犬みたいだけど性格のかわいい子なんだと気付きすごく好きになった! 後で判ったことですが、オスは成長するにしたがって、次第に顔のえらが張ってくるので、仔猫のうちは細長い顔の方がいいみたいです。


 スータはブリードの制約がなかったので、当初からペットタイプとしての仔猫を望んでいた。仔猫は、恵まれた環境でのびのびと育てれば穏やかな性格になり、きっと誰からも可愛がられると思う^^。
スータ自身ものびのびと育ち、リーちゃんとの相性も次第に良くなって
1年も経てば立派に求愛できるようになった。マーキングも、当初ほとんど無かったのでほんとにラッキー!でした^^。
 また、それから後に生まれてくる仔猫に対して、責任が伴なってくるという事でリーちゃんと一緒に猫エイズ、白血病、及び伝染性腹膜炎の血液検査を受けに行ってきた。 (検査費用は両親猫で\23.625*)
結果は陰性=合格でしたので、なんだかホッとした〜。


Komachi Rena レナちゃん (2003年5月1日生まれ) 
父さん:Takara Mutsu
母さん:Hayami Family Emily

 キャッテリーとして最初に付けた仔猫の名前が”Rena”。
コートの色が両親猫よりも淡く、耳も離れてかわいい!
けれど当初は、人より家になつく猫といった感じで中々
寄って来なかった・・・。しばらくの間、猫なで声で
優しく接するようにして根気がいったなぁ〜 
今では素直で人見知りもしない良い子になりました^^。
ロシアンブルーは、愛情を注いだ分だけちゃんと返してくれるので、とても育て甲斐のある猫種と言えそうです。


 レナは、大きくなっても童顔でカワイイ。
冬にはモコモコのコートで触り心地も抜群です!
リーちゃんとは、子離れで相性が良くないようですが
でもリーちゃんの仔猫の世話だけはよくしてくれます。
とても優しいお姉ちゃんになったみたい^^。
小柄なレナですが、我が家ではバトルの仲裁役でもあり
中心的存在なのです。